ログハウス の建築とキット販売: 輸入材 取扱業者検索


ログハウス建てょ♪輸入材専科HOME ログハウス建てょ♪
今こそ輸入材ログハウスHOME

 

 

おすすめグルメ

心安らぐ田舎暮らし

復興支援

地域振興協会

乳酸菌サプリでお肌の調子を整えよう

1人暮らし 賃貸 ポイント

キッチン設備

黒酢のサプリメントについて

ログハウスに用いられる輸入材の種類と特徴

ウエスタン・レッドシダー(北米産材)

   ヒノキ科ネズコ属。カナダのブリティッシュ・コロンビア州一帯に生育し、独特の香りと赤みのある木肌が特徴です。成長が遅い分、目の詰まった良質な材を生産できます。木材が柔らかいので加工しやすく、収縮率が低いため反りや曲がりが起こりにくくログハウスが完成した後の狂いが少ないと評されるほか、防腐・防虫効果の高いヒノキチオールを多く含んでいるため耐朽性に優れ、また耐水性にも優れているため、屋根材やガーデンウッドとしてウッドデッキ、フェンスとしても利用されています 。

   ☆この樹種によるログハウスの建築プランや施工例ログハウス.com協賛
  ウエスタン・レッドシーダーのログハウス
→ 詳細情報を見る
 


直輸入ログハウスにおすすめのログ材は?

   輸入ログハウスに用いられるログ材は多岐にわたります。その中でもそれぞれにログハウスにおすすめできるポイントがありますのでメリット・デメリットを踏まえてその土地になじむログ材の選定を行うとよいでしょう。一番日本の気候に合う木材は「イエローシダー」や「ホワイトシダー」などのヒノキ系の木材です。抗菌作用のあるヒノキオイルが含まれていますので、空気の清浄化なども見込めます。

   欧米で一番育てられている木はスプルースやパイン材などの松の種類です。軽く取扱いやすい素材ですので日本でもマシンカットログ材としての輸入量が増えています。耐久性に若干かける欠点もありますので、ラミネートログ材などで堅牢性を高めています。このほかにも、栂の仲間のヘムロックや米松と呼ばれるダグラスファー材は、柔らかく加工がしやすいという点、海外では多く育てられている木としても知られていますので、輸入量も増えています、ただし、ヘムロックは折れやすく、ダグラスファーは太い口径の幹を取ることができますが、樹脂が多く分泌されますので塗装をする際には注意が必要だといわれています。

   このようにさまざまな木の特徴があり、日本の気候にあったもの、先述のようにラミネートログ材に加工することで日本の気候にも合うログ材として用いられるもの、内装中心に広く用いられるものなどがあります。木の特徴を把握し、ログハウスビルダーと相談をしながら直輸入ログハウスのログ材選定を行っていかれるとよいでしょう。

 


初めての海外旅行はフランス 世界遺産でも満喫してこようかなと考えております。


ホワイトシダーイエローシダーウエスタン・レッドシダーダグラスファーヘムロック
スプルースパインログハウス価格の見積自由設計のログハウスログハウスの価格を比較したい


ログハウス建てょ♪ 【輸入材専科】のコンテンツご案内
サイトマップ

運営者
運営者
田舎暮らし、別荘、ミニキットをサポートしています。
相互リンク
相互リンク
建築やミニキット購入に関係が無くても登録が出来ます。
お問い合せ
お問い合せ
サイト運営上のこともキットのこともご遠慮なくお尋ね下さい。
個人情報保護方針
                個人情報保護方針
プライバシーポリシーです。
SEO
SEO
キットファン歓迎!!
サイトマップ
サイトマップ
サイト内の各頁の目次です。建築とミニキット購入にお役立て下さい。

 


Copyright 株式会社不動産JP All Rights Reserved.